【ネタバレ】光彦は記憶を失った黒の組織のメンバーだった!?黒幕ではない理由も徹底考察【名探偵コナン】

マンガ

いつしか「光彦は記憶を失った元黒の組織のメンバー説」なるものを提唱しましたが、今回はその件を掘り下げながら、光彦が黒幕でない理由を徹底的に考察していきたいと思います。

現状は「黒幕と『あの方』が同一人物かどうかは不明(別人の可能性もある)」「黒の組織の黒幕は烏丸蓮耶」「作者は少年探偵団の黒幕説を否定している」という事実が明らかになっていますので、その点も踏まえて読んでいただければと思います。

スポンサーリンク

光彦が黒幕ではないと思う理由

まず光彦が黒の組織のメンバーうんぬんの前に、光彦が黒幕ではないと思う理由をお話していきます。

作者が否定している

名探偵コナンの作者である青山剛昌先生ですが、インタビューや読者への年賀状などで何かとネタバレをすることで有名です。

そんな青山先生は過去に読者が考察した「○○黒幕説」を複数否定しており、代表的な人物では「阿笠博士、工藤新一、工藤優作、黒の組織のメンバー、毛利蘭、毛利小五郎、妃英理、少年探偵団」などが黒幕であるという説を一刀両断しています。

ただ、噂によると黒の組織の黒幕であることが確定した”烏丸蓮耶”の黒幕説も否定したことがあるらしい(ソースの信ぴょう性は低い)ので、もしかしたら既に否定されている光彦も黒幕になる可能性はあります。

光彦が黒幕ならコナンは生きていない

ぶっちゃけ黒の組織からすればアポトキシンのことを知っている人間を生かしておく理由はないですよね。組織の人間とかなら分からなくもないですが、コナンは組織を潰す側なのでむしろ真っ先に消されます。ですがコナンは悠々と日々事件を解決しているわけですから、光彦が黒幕であるという説は考えにくいと思います。

本物の光彦と入れ替わった方法が分からない

仮に光彦を黒幕とした時、本物の光彦はどこに行ってしまったのか、そして、どうやって入れ替わったのかという疑問が残ります。

巷では作中のとあるシーンで入れ替わったと言われてますが、仮に上手に入れ替われたとして、容姿まで完全に似せることは可能なのでしょうか。アポトキシンによって若返ることは出来ても、容姿について作中で具体的に触れられていません。

ただ…皆さんお気付きかと思いますが、これに関しては今回提唱する「光彦は記憶を失った元黒の組織のメンバー説」でも同様のことが言えます。ですが、残念なことにこの矛盾を解決することは出来ませんでした。申し訳ないです。

ので、今回の説は「偽物の光彦が本物と上手に入れ替わることが出来た」と仮定する、ご都合主義の上での考察になります。

光彦は記憶を失った元黒の組織のメンバーだと思う理由

光彦が黒幕ではない理由をお話したところで、お次は光彦が元黒の組織のメンバーだと思う理由を考察していきます。

作者が言及していない

またまた作者の青山先生の登場です。

先ほども述べた通り、青山先生は少年探偵団、もとい、光彦が黒幕であることを否定しています。

しかし、黒の組織のメンバーである可能性については言及していません。

つまり、黒幕の線はないにしても、黒の組織のメンバーである線は残されているわけです。

大人顔負けのステータスも説明が付く

光彦が頭脳明晰なのは皆さんご存知かと思いますが、実は光彦、運動神経も抜群です。加えて誰に対しても敬語が使えるコミュ力の化身。

いくら教育が良くても小学1年生であそこまで万能なのは流石に怪しいですよね。

ただ、それが大人が若返った形であれば説明が付きます。もちろん、体そのものが若返っているので体力は多少落ちますが、コナンを見ての通り頭の良さは衰えません。

不自然な描写も解決できる

光彦関連の不自然な描写も中身が大人だからこそと言えます。

大人の切符を買ってしまったり…

元黒の組織のメンバーに意味深な言葉を言われたり…

光彦が記憶を失っていると思う理由

さっきから光彦が記憶喪失なのが気になるけど理由って何かあるの?

これは黒幕説でも同じことが言えますが、本来、一刻も早く始末しなければならないコナンの近くにいて何もしないのは明らかに不自然ですよね。ただ、現に光彦はコナンにちょっかいをかけるどころか物凄く協力的なキャラクターです。

つまり、「光彦は、コナンへの刺客として送り込まれる予定だったが、アポトキシンの副作用で記憶も消えてしまった」というのが考察です。

が、やはり光彦入れ替わりの矛盾を解決しないと成立はしませんね…。

少年探偵団が昔からの知り合いなら別の線も…

恥ずかしながら、歩美、元太、光彦の3人が昔から知り合いだったのかを把握していません。

もし仮に3人が小学生からの出会いなら、光彦入れ替えの件もかなり説明がしやすくなります。

それこそコナンがアポトキシンによって若返ったのが「偶然ではなかった」とする考察もありますので、「光彦(黒の組織のメンバー)は若返りの薬を使ってコナンを近くで見張っている」なんて考え方も出来ます。(この場合も黒幕の説は薄いと思います)

光彦の関係者も黒の組織ならいくらでも手配出来るでしょうから、辻褄合わせは比較的容易です。

むしろ、少年探偵団が昔からの知り合いでなかったなら、こっちの説の方が有力な気がしますね。

あまりに酷い考察に全米が泣いた

この考察が頭に浮かんだときは「お、これめっちゃ良い」と思ったんですが、いざ考えてみるとガバガバ過ぎて涙が出てきます。

でも、光彦入れ替わりの矛盾を解決さえすれば一応筋は通ります…よね?ので、もしこれを見て自分と同じように「それあるぅ!」となった方は考察の手助けをしてくれると助かります。

恥ずかしながら漫画「名探偵コナン」は飛び飛びで読んでしまっているので、細かい情報が頭に入っていません。

いつか既刊全部読んだらいい意味(考察)で全米を泣かせてやりますよ!